WinActor資格(RPA技術者検定)アソシエイトのおすすめ勉強方法7選!合格する方法を徹底解説

WinActor資格(RPA技術者検定)アソシエイトのおすすめ勉強方法7選!合格する方法を徹底解説の画像


WinActor資格(RPA技術者検定)アソシエイトの

おすすめ勉強方法7選!


WinActorのRPA技術者検定 アソシエイトの勉強方法は、マニュアルの活用、模擬問題を解く、
書籍やeラーニングで学ぶなど、色々な方法があります。

WinActor推進、WinActor+事務(開発・事務)、WinActorエンジニア(開発・保守・メンテナンス)、人材育成担当など様々な職種の方が受検を考えていると思いますので、WinActorの基礎知識だけでなく、WinActorのシナリオ作成の習得方法も含めて、どのような方法があるのか、おすすめの勉強方法7つをご紹介いたします。

 


  せっかくWinActorを導入したのに「うまく活用出来ていない」ということはありませんか。

  また、WinActorの活用・運用についてお困りではないですか。

   ・困ったとき、気軽に相談できる相手がほしい
   ・シナリオ作成を一緒にしてほしい
   ・既存シナリオのメンテナンスができていない
   ・長期的に任せられる開発者を配置したい
   ・継続的に効果が出るRPA運用体制を実現したい

このようなお悩みは、数々の教育・導入支援実績を上げてきたヒューマンリソシアにご相談ください。
シナリオ作成支援・技術支援・運用面の疑問など、経験豊富な担当者が、RPA導入から運用における
サポートまで寄り添ったサポートを行います。

 

WinActorのマニュアル活用
過去問・入門講座
書籍
社内勉強会
eラーニング
研修・セミナー  
検定サンプル問題・模擬問題

 

 

 

①WinActorのマニュアル活用



【WinActor導入済みの方】

WinActorを導入している方は、WinActorの資材に色々なマニュアルが入っています。
本サイトでは3つのマニュアルをご紹介いたします。

①ハンズオントレーニング  (Hands-On_Training)
②簡易マニュアル  (WinActor_Basics_Manual.pdf)
③操作マニュアル  (WinActor_Operation_Manual.pdf)

WinActor7に同梱されている資材画像

まずは、②の簡易マニュアルで、WinActorの画面構成やどのような機能があるか確認することができます。

WinActor簡易マニュアル

①のハンズオントレーニングは、WinActorの基本操作とシナリオ作成(基本編・応用編)について、
学ぶことができます。ハンズオンでは、初めての方でも安心でわかりやすい動画もあるため、シナリオ作成の途中で難しいと感じた場合は動画を見て参考にするのも良いと思います。
ハンズオンで使用するファイルも用意されておりますので、ぜひご覧ください。

ハンズオントレーニング第2章のシナリオ作成では、
調達部で働く2年目社員の宇院(ういん)さんと、既にWinActorを使用している他部署の先輩社員の増田(ますた)先輩の2名が登場します。

ポイントを分かりやすく伝えてくれる内容のため、2年目社員の宇院(ういん)さんと一緒に
WinActorを楽しみながら学ぶことができるかもしれません。

③の操作マニュアルは、800ページを超えるマニュアルです。
WinActorの概要から機能、操作方法の詳細が分かるため、実際にWinActorを利用してシナリオを作成している方や、シナリオを実行する方におすすめです。


【WinActor未導入の方】

WinActorを導入していない方には、WEBサイト上で、WinActorのマニュアル検索ができる
エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社の
WinActorマニュアル すみずみ検索」のサイトがあります。

WinActorのマニュアルに記載されている情報を効率的に探すことができるだけでなく、
作成したいシナリオの作り方を調べることができる、便利な「WinActor逆引きマニュアル(Ver.7.2対応)」もあります。

 

 

 

②過去問・入門講座



RPA技術者検定の主催者である株式会社NTTデータのWEBサイトには
WinActorのRPA技術者検定 アソシエイトの過去問はなく、「入門講座」があります。
無料のeラーニングが用意されており、基本操作とシナリオ作成を学ぶことができます。

RPA、WinActorをこれから学ぶ方・興味がある方、WinActorはどのようなものなのか見てみたい方、
シナリオ作成の基本的操作を知りたい方は、ぜひご覧ください。

研修名 概要 講座概要

WinActor入門講座(無料)基本操作

RPAの概要とWinActorの基本的な機能・操作方法の学習 1. RPAとは
2. WinActorとは
3. WinActorの基本的な機能
(画像マッチング、分岐・繰り返し)
WinActor入門講座(無料)シナリオ作成 WinActorの基本的な機能と簡単なシナリオ作成の学習 1. はじめに
2. 自動記録機能(IEモード)
3. 自動記録機能(エミュレーションモード)
4. 画像識別機能(画像マッチング)
5. ライブラリの活用(Excelファイル操作)

 

 

 

③書籍



WinActorに関する書籍は、いくつか出版されています。

・WinActorの基本知識から応用までを1冊に凝縮した書籍
・日常業務をWinActorを活用して自動化する手法を解説した書籍
などがあります。

WinActorの内容がまとまっているため、
ご自身に合った書籍を1冊手元において、学習を進めても良いと思います。

 

WinActorの学習におすすすめな書籍を知りたい

WinActorに関する書籍を知りたいという方は、本コラムの別記事にあるWinActor参考書(本)6選!資格取得から基本の使い方までおすすめ本を紹介をご覧ください。
初心者・RPA・資格取得向け・弊社の現役WinActor技術者おすすめ、の4つのカテゴリに分けて、WinActorの学習におすすめの書籍(参考書)を紹介しています。

WinActor参考書(本)6選!資格取得から基本の使い方までおすすめ本を紹介
記事はこちら
 
 
 
 
 
 

④社内勉強会



WinActorを導入している企業は、社内勉強会を開いても良いと思います。
社内にWinActorに精通している方がいると思いますので、会社から資格取得を推奨されている方だけでなく、勉強会を開くことで、RPA技術者検定 アソシエイトを受検者しようと考える方も増えるかもしれません。

分からないことは、すぐに質問することもできますし、他にも受検する方がいることによって、
情報共有を行うことができ、学習意欲が上がるかもしれません。

 

 

 

⑤eラーニング



eラーニングは、場所や時間の制約を受けずに学習できるため、個人のスケジュールや環境に合わせて効率よく学習できます。

株式会社NTTデータでは、WinActorを全く知らない方向け~実践的なレベルのNTTデータ 「公式」 eラーニングがあります。ベーシックとアドバンスの2つのコースがありますのでご自身の習得段階に合わせて選ぶことができます。

ヒューマンリソシアも、「WinActorに必要な知識」を学習できるeラーニングをご用意しております。
RPA技術者検定 アソシエイト対策講座(version7)・レベル1・レベル2・レベル3があり、
初級から応用まで学ぶことができます。

弊社のRPA技術者検定 アソシエイト対策講座 (version7)は、
RPA技術者検定で出題される範囲のWinActorに関わる知識とベースとなるプログラミングの
概念を学ぶことができます。



【RPA技術者検定 アソシエイト対策講座 (version7)のコース内容】

RPA技術者検定 アソシエイト対策講座 (version7)コース内容の画像第1章から第4章の構成になりますが、
第2章では、WinActor基本機能を紹介しています。

 

・メニューバー、ツールバー

まずは、WinActorの基本となるメニューバーとツールバーの機能から学ぶことができます。

メニューバー、ツールバー

・パレットエリア・シナリオ編集エリア

パレットエリアにある、ノード、ライブラリには、シナリオを構成するパーツが用意されており、
ドラック&ドロップすることで、シナリオに設定することが出来ます。

パレットエリアの画像

・変数一覧タブ画面

変数一覧タブ画面は、ツールバーと、変数表示エリアから構成されています。

変数一覧タブ画面の画像

 

 

 

⑥研修・セミナー



WinActorの研修は、座学やオンラインで実施している企業があります。
講師の方が直接教えてくれるため、コミュニケーションも取りやすく、質問もしやすいと思います。
分からないところは、すぐに確認することができるので、独学で学ぶより習得が早くなるかもしれません。

セミナーでは、WinActorを体験できるハンズオンセミナーを実施している企業もあります。
まずはどのようなことができるか基本操作を試してみたいという方におすすめです。

 

 

 

⑦検定サンプル問題・模擬問題



WinActorの基本知識が身についたら、検定サンプル問題・模擬問題を試してみては
いかがでしょうか。

検定サンプル問題が、株式会社NTTデータ社のサイトにあります。
どのような問題が出題されるのか、ぜひご覧いただき問題を解いてみても良いと思います。

また、RPAアソシエイト模擬問題【基礎知識】のサイトには、
攻略開始・弱点克服・総復習の3つのコースがあります。
まずは、ランダムに問題がでる攻略開始をクリアすると次の弱点克服へ進むことができます。


WinActorのRPA技術者検定 アソシエイトの7つの勉強方法をご紹介いたしましたが、
いかがでしたでしょうか。

RPA技術者検定 アソシエイトを受検するには、まずは『WinActorを知っていただく』ことから始めていただくのが良いかもしれません。ご自身に合った方法で、WinActorの基本を学び、操作していただきながら習得していただければと思います。

 


  せっかくWinActorを導入したのに「うまく活用出来ていない」ということはありませんか。

  また、WinActorの活用・運用についてお困りではないですか。

   ・困ったとき、気軽に相談できる相手がほしい
   ・シナリオ作成を一緒にしてほしい
   ・既存シナリオのメンテナンスができていない
   ・長期的に任せられる開発者を配置したい
   ・継続的に効果が出るRPA運用体制を実現したい

このようなお悩みは、数々の教育・導入支援実績を上げてきたヒューマンリソシアにご相談ください。
シナリオ作成支援・技術支援・運用面の疑問など、経験豊富な担当者が、RPA導入から運用における
サポートまで寄り添ったサポートを行います。

 

そもそもRPA技術者検定 アソシエイトとは

そもそもRPA技術者検定 アソシエイトとはの画像

RPA技術者検定 アソシエイトは国家資格ではないですが、WinActorに関する基礎知識を
測定することができる検定です。
資格を取得することによって、WinActorの基本的な知識が身についているか示すことができるため、
周りからの評価基準にもなります。

WinActorの基本を習得していないと、
資格取得は難しいと考えられるため、ご自身のスキルアップにもつながります。

RPA資格 WinActor RPA技術者検定 アソシエイトの概要



RPA技術者検定 アソシエイトは、株式会社NTTデータが主催の検定です。
検定時間は60分、多肢選択式問題が50問出題され、合格基準は正答率7割以上、
受検形式は、「会場受検」「リモート受検(オンライン受検)」 2種類の方法より選択いただけます。
リモート受検は、慣れた環境で受検ができるため、メリットの一つだと感じる方も
いらっしゃるかもしれません。

詳細は株式会社NTTデータのWEBサイトをご覧ください。

どのような問題が出るの?



検定範囲は、下記です。
・WinActorの概要(10問)
・WinActorの機能に関する知識(20問)
・WinActorのシナリオに関する知識(20問)

RPAとは?WinActorとは?操作画面の機能・操作、画像マッチング・分岐と繰り返し・変数などの
基本的なシナリオ作成方法は習得しておいた方がよいかもしれません。

ご自身の業務で自動化できる業務があったら、
業務フローを振り返り、WinActorに合った業務フローを作成、
WinActorでシナリオを作りながら、操作画面の機能やシナリオの作成方法を
身につけてみてはいかがでしょうか。

RPA技術者検定(WinActor)アソシエイトの学習・習得時間・難易度はどれぐらい?



RPA技術者検定 アソシエイトの難易度は、個人の経験、知識、学習スピード、および試験準備の質によって異なると思います。RPA技術者検定 アソシエイトは、WinActorを活用する上での基礎知識が身についているかを測る検定のため、RPAに関する基本的な知識とスキルを持つ方にとっては、多肢選択式ということもあり、比較的難易度は高くないと言えるかもしれません。

一般的に、RPA技術者検定アソシエイトを学習し、試験に合格するために、学習期間についてはWinActorに慣れている人で2〜3週間、初心者で1〜2か月程度が学習期間が一般的な目安と言えるかもしれません。個人の状況に応じて学習時間を調整し、適切なスケジュールを設定することも大切です。


RPA技術者検定は他にもあるの?

RPA技術者検定は他にもあるの?の画像

RPA技術者検定は、アソシエイトの他にもあります。

今後、RPAを活用して業務自動化を行っていきたいと考えている方は、
RPA技術者検定 アソシエイトの資格取得後の次のステップとして
さらにRPAのスキルを習得して受検してみてはいかがでしょうか。

RPA技術者検定は、国家資格ではないですが、WinActorを導入している企業や
RPAプロジェクトに参加したい方にとって有用な資格となると思います。

RPA技術者検定で出題されているWinActorとは



WinActorは、2010年にNTT研究所で生まれた純国産のRPAソリューションです。

WinActorは、
■操作画面・マニュアルはすべて日本語
■ドラッグ&ドロップ、クリック操作で簡単に編集

そして、難しい操作や知識を必要としないため、
プログラミング知識がなくてもシナリオ作成が可能です。

WinActorは、RPAですが、そもそもRPAとは何でしょうか。

RPAとは「Robotic Process Automation」の略語で、ホワイトカラー業務を
効率化・自動化する仕組みのことを言います。
仮想知的労働者(Digital Labor)とも呼ばれており、パソコン内で行われる定型作業の自動化を
得意としています。そして、複数アプリケーションを横断した一連の作業の自動化が可能です。

RPAを活用・学ぶことで、このようなメリットがあります。

RPAは高速かつ単純ミスはゼロ、24時間365日稼働する新たな労働力です。
新たな「労働力」が人の業務を補完し、様々な効果を発揮することが期待できます。

・業務効率化の向上
 RPAは定型業務を自動化するためのツールであり、作業を大幅に短縮できます。

・業務品質の向上
 RPAは高精度でタスクを実行するため、人的エラーのリスクを軽減することができます。
 特にデータ入力や処理の精度が重要な業務において有用です。

・24時間365日稼働する新たな労働力
 RPAは24時間365日稼働するため、業務の遂行速度を向上させることができ、
 業務の迅速な対応が可能になります。

・労働力確保
 RPAを活用することで、事務工数の削減により人的資源の確保ができるため、
 業務プロセス全体のコストを削減できます。

・イノベーションの促進
 RPAの導入により、従業員はより戦略的な業務やクリエイティブな仕事に時間を費やすことができ、
 業務プロセス全体の革新が促進されます。

・専門的なスキルの習得
 RPAを学ぶことで、専門的なスキルを習得することができます。RPAの実装や管理に関する知識は、
 今後も活かしていけると考えられます。

 

RPA技術者検定の種類



RPA技術者検定 エキスパート

RPA技術者検定 アソシエイトの上には、RPA技術者検定 エキスパートがあります。
RPA技術者検定 エキスパートは、WinActorの基本機能を用いて新しいシナリオの作成と、
既存のシナリオの修正について出題されます。
実際の業務におけるWinActorを活用した自動化の技術を評価する検定です。

RPA技術者検定 エキスパートも、株式会社NTTデータが主催の検定です。
検定時間は120分、検定形式は、選択式問題30問+実技問題3問の2部構成で、
オンライン受検となります。

検定は、試験の日程が決まっています。
詳細は株式会社NTTデータのWEBサイトをご覧ください。


RPA技術者検定 アソシエイトは受検した方がよいのか

RPA技術者検定 アソシエイトは受検した方がよいのかの画像

RPA技術者検定 アソシエイトの検定は、基本的な内容が出題されるとはいえ、
はじめて学ぶ方にとっては、数ヶ月の時間を要するため、受検することを迷っている方も
いるのではないでしょうか。

RPA技術者検定 アソシエイトの資格取得後のメリット・活用方法、合格者の声、就職・転職活動に
有利なのかご紹介いたします。

資格取得のメリット・活用方法



RPA技術者検定 アソシエイトの資格を取得することにより、
WinActorの基本的な専門知識を得たことになります。

推進業務や人材育成の業務に関わっている方は、RPAの概念や、WinActorに関する基盤ができたため、自身の知識とスキルを活用して、業務に貢献できる幅が広がる可能性があります。

WinActor+事務(開発・事務)、WinActorエンジニア( 開発・保守・メンテナンス)の
職務に就いている方も同様、RPAの実務経験を積みながら、RPA技術者検定 エキスパートを
目指してさらなるスキルアップを図るのもよいかもしれません。

また、資格を取得することで、WinActorのシナリオ作成をWinActorエンジニアへ依頼する際に、
WinActorの概要を理解しているためスムーズに話が進んだり、
自身ではシナリオ作成はできないけれど、WinActorを実務で使用している際に、
エラーで止まってしまっても、原因が分かり、簡単な修正はできるようになるかもしれません。

まずは、受検を検討している方は、ご自身が目指しているキャリアに必要かどうか
この機会に考えていただくのもよいかもしれません。

資格を取得したら実務でシナリオを作成できるようになるのか



RPA技術者検定 アソシエイトの資格を取得しても、シナリオの内容にもよりますが、
実務でシナリオを作成することは難しいと思います。

どこまでWinActorを学習したかによって変わってきますが、資格取得は、
RPAの基本的な概念の理解とシナリオを作成するスキルを向上させるための第一歩です。

実務で実際にWinActorのシナリオを作成できるようになるには、
自身の業務でシナリオを作成して学習と実践を繰り返し実施して経験を積むか、
RPAのプロジェクトに参加して、シナリオ作成や修正などの業務に就き、
スキルを実践的に磨く必要があると思います。

RPA技術者検定 アソシエイト合格者の声



株式会社NTTデータの合格者インタビュー
では、
知識が深まったため営業の提案で活かそうと考えている方や
WinActorの操作時に役立っている、WinActorの流れがイメージができるようになった、など
ご自身の業務に活用している方が多くおりました。

RPA技術者検定 アソシエイトの資格取得により、
WinActorの基本スキルが向上したことで自信が付き、
実務で活用して役立てていく方がこれからも増えてほしいと思います。

資格取得後、就職・転職活動に有利なのか



職種によるのではないかと思います。

推進業務や人材育成業務などのRPA関連業務の方は、資格を持っていない方よりも、
「WinActorに精通している方」と周りからの評価基準として判断されるため、
就職・転職活動で有利になることが多いと考えられます。

WinActorエンジニアを目指している方は、RPA技術者検定 アソシエイトの資格取得のみの
場合は、難しいと考えられますので、実務でシナリオ作成・修正の経験を積んだ後で、
検討された方が良いと思います。
ただし、VBAができたり、他のプログラミングで経験がある方は、推進業務や人材育成業務の
方と同様に、資格を取得していることにより「WinActorに精通している方」になりますので、
WinActorを検討・導入している企業にとっては有利になるかもしれません。

WinActor資格 RPA技術者検定 アソシエイト 落ちたら・・・



もし、RPA技術者検定 アソシエイトに合格しなくても、基本的なことは習得できていると思いますので、WinActorでシナリオを作成してみたり、業務で活かせることがあるかもしれません。

株式会社NTTデータの合格者インタビューの方でも、2回目で合格した方もおりますので、再度学びなおし、受検時に悩んだ個所を重点的に確認して、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

RPA技術者検定 アソシエイトのお申込み方法



RPA技術者検定の主催は株式会社NTTデータですが、
受検のお申込みは、株式会社イー・コミュニケーションズが運営している
【J-Testing】のWEBサイトになります。

RPA技術者検定 アソシエイトの受検に関する詳細は、
まずは、株式会社NTTデータのWEBサイトをご確認いただければと
思います。

RPA技術者検定 アソシエイトは、通年開催しておりますので、
会場の空席状況は、
J-Testingサービスの案内ページより確認していただき、お申込みください。

検定の形式は、
・会場受検
・リモート受検(オンライン受検
の2種類からお選びいただけます。


まとめ

まとめの画像

皆さま、いかがでしたか。

RPA技術者検定 アソシエイトは、WinActorの基本的な知識を知っていただくための通過点でしか
ありません。

RPAは、定型業務を自動化・効率化することに長けており、
「働き方改革」「残業時間の削減」「労働力不足」といった課題が顕著な現在にとって、
必要な存在であるとも言えます。

ぜひ、皆さまの業務でWinActorを有効活用していただければと思います。


『WinActorをどうやって学ぼう?』と検討中の方へ
おすすめの無料セミナー・eラーニング・教育研修のご案内

RPA導入・活用のカギは「教育」の画像

「RPAの導入のカギは教育である」という信念のもと、
教育カリキュラムの開発に力を注いでいます。
おかげさまで多くのお客様に共感いただき、
国内随一の教育実績を積み上げています。

無料WinActorハンズオンセミナー
はじめてのRPA。まずは触ってみよう編
RPAの基本的なご紹介と、実際にRPA(WinActor)を体験いただけるハンズオンセミナーです。
※WinActor体験版ライセンス付き
スキル習得をサポートするeラーニング RPA技術者検定 アソシエイト対策講座(version7)・レベル1・レベル2・レベル3まであり、初級から応用まで学ぶことができます。
※WinActor体験版ライセンス付き
1,500社、11,500人以上の実績がある
教育研修
初級・中級・上級の研修だけでなく、カスタマイズ研修・基本トレーニング・実践トレーニングまで幅広い研修をご用意しています。
まずは試してみたい方へ。
RPA「WinActor」無料トライアルお申込み
法人限定で30日間のトライアルライセンスを提供しています。
 


  せっかくWinActorを導入したのに「うまく活用出来ていない」ということはありませんか。

  また、WinActorの活用・運用についてお困りではないですか。

   ・困ったとき、気軽に相談できる相手がほしい
   ・シナリオ作成を一緒にしてほしい
   ・既存シナリオのメンテナンスができていない
   ・長期的に任せられる開発者を配置したい
   ・継続的に効果が出るRPA運用体制を実現したい

このようなお悩みは、数々の教育・導入支援実績を上げてきたヒューマンリソシアにご相談ください。
シナリオ作成支援・技術支援・運用面の疑問など、経験豊富な担当者が、RPA導入から運用における
サポートまで寄り添ったサポートを行います。

 

本コラム内容について
各コラムの内容は、執筆時点での情報を元にしています。
製品バージョンアップなどにより、最新ではない場合がありますので、最新の情報は、RPA技術者検定の公式サイトなどを参考にすることをおすすめいたします。

各コラムの内容は、利用することによって生じたあらゆる不利益または損害に対して、
弊社では一切責任を負いかねます。
一つの参考としていただき、利用いただく際は、各社のルール・状況等に則りご活用いただけますと
幸いです。

※「WinActor®」は、NTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。
※「RPA技術者検定®」は、株式会社NTTデータの登録商標です。

出典:エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社
   簡易マニュアル(WinActor_Basics_Manual.pdf)

出典:株式会社NTTデータ COBOTPIA GYM eラーニングサイト
出典:株式会社NTTデータ WinActor入門講座(無料)基本操作
出典:株式会社NTTデータ WinActor入門講座(無料)シナリオ作成
出典:ヒューマンリソシア株式会社 eラーニング RPA技術者検定 アソシエイト対策講座 (version7)   のコース内容

Related Articles

WinActor参考書(本)6選!資格取得から基本の使い方までおすすめ本を紹介

DX推進が叫ばれる中、業務効率化につながると注目されているRPA。中でも「WinActor」は、非IT部門の方でも使える操作性が特徴で、注目を集めているRPAツールのひとつです。...

RPA(WinActor)の利用マニュアル|基本の使い方と機能、操作方法、シナリオ作成方法をご紹介

せっかくWinActorを導入したのに「うまく活用出来ていない」ということはありませんか。 また、WinActorの活用・運用についてお困りではないですか。...

WinActorは使えないって本当?利用者の声から学ぶRPAを無駄なく導入・活用する秘訣

企業の生産性向上やコスト削減、業務精度の向上などRPAは、多くの利点をもたらすことが期待されています。...