2022年1月に電子帳簿保存法が改正され、
紙の文書もデータ化して原本化できるハードルが下がりましたが、
ルールが細かくどのように運用する必要があるか分かりづらい場面はございませんか。

例えば、
紙を電子かつ原本化する際には「書類の発生日から2ヶ月と7日以内」にスキャン保管する必要があります。
この点を満たさない場合には電子帳簿保存法の適応外(非対応)となります。

また、電子化を進めていく上で、紙の管理の時と同様になりますが、
文書の管理面においても、検索を簡単にしたり、書類の紛失や誤破棄、改ざんが無いようにする必要があります。

本セミナーでは、【文書保管】のリスクに備えたスキャン対応方法と書類の電子原本化で
必要な準備について他社事例などを踏まえてご案内いたします。

◆部構成
【第一部】
・実録!紛失・二次被害やルール誤認で帳票が無効化されてしまった事例。
・トラブルに備えたスキャン保管の重要性を実際の導入事例と合わせてご紹介

【第二部】
・紙をスキャンして原本化するには?(改正電子帳簿保存法への対応方法を解説)
・スキャンデータをもっと活用する方法とは?保管だけでは終わらない文書の共有化やセキュリティ対策方法を解説

▼このような方におすすめです
・対象の契約書を探すのが大変
・スキャンデータの保存方法を知りたい方
・改正電子帳簿保存法への対応に不安がある
・ファイルサーバーではセキュリティ面が不安
・契約完了日などの期限管理を確実に行いたい
・書類の保管スペースやファイリングのコストや手間が掛かる 等々

【開催日時】
2022年7月25日(月) 14:00~14:45

対象

■電子契約書の導入を考えている、総務部門、管理部門、営業サポート部門、経営企画部門、情報システム部門の方
■業務改善、業務効率化に取り組む部門責任者の方

内容

【視聴方法について】
【1】本オンラインセミナーはweb会議システム「Zoom」での視聴となります。
ZoomURL:https://zoom.us/jp-jp/meetings.html
※下記URLから接続テストを行うことができます。
https://zoom.us/test

【2】1営業日前に視聴URLをご案内いたしますので、メールが届かない場合は、ご連絡ください。

ヒューマンリソシア株式会社 RPA事務局
rpa-seminar-resocia@athuman.com

【お申込み注意事項】

※電子契約書の製品を取り扱っている企業様のご参加はお断りさせていただいております。
予めご了承ください。
※セミナーお申し込み時には、フォームの必要事項すべてに正しく記入をお願いいたします。
 (企業名は必ずご記入下さい。また、企業ドメインのメールアドレスをご記入下さい。)

主催

ヒューマンリソシア株式会社

共催

株式会社インフォマート

費用 無料
備考 BtoBプラットフォーム 契約書