2023年10月にインボイス制度が施行されますが、
2022年度のIT導入補助金は、さらに皆さまをサポートするべく、
インボイス制度も見据えたデジタル化を一挙に推進するため、
会計ソフト・受発注ソフト・決済ソフト・ECソフトの導入費用に加え、
PC・タブレット、レジ・券売機等の導入費用を支援することになり、活用しやすくなっております。

消費税の課税事業者は、適格請求書の対応が必要となるため、
インボイス制度に対応したツールの導入は業務効率化を考えると重要です。

しかし、
メリットが多いIT導入補助金2022ですが、制度自体を難しく感じていませんか。

第一部 (50分)では、税理士の先生に分かりやすくお話いただきます。


本セミナーはこのような方におすすめです。

・電子化したい
・インボイス対応を検討したいが、新たなツールの導入に費用がかかる。
・IT導入補助金ってなに?どれくらい補助してもらえるの?
・IT導入補助金の申請方法がわからない
・自分の会社は対象になるのか
・2021年度の実績が知りたい

また、
第2部(10分)ではインボイス制度に対応した請求書の受取も発行にも対応した
請求書電子化サービス「BtoBプラットフォーム 請求書」をご紹介いたします。

このような方におすすめの製品です。

・適格請求書の対応が必要
・インボイス対応しないといけない
・受取時にインボイスのチェックをしないといけない
・受取での業務の煩雑化(確認作業)
・受取で税率ごとに仕訳しないといけない


【開催日時】7月5日(火) 14:00~15:00

 

ご登壇者

辻・本郷 税理士法人 DX事業推進室 税理士
菊池 典明(きくち のりあき)氏

プロフィール:
辻・本郷 税理士法人 DX事業推進室/税理士
辻・本郷 ITコンサルティング株式会社 取締役

2014年税理士登録。2012年辻・本郷 税理士法人大阪支部に入社。
株式会社のほか医療法人、社会福祉法人、公益法人等の税務・会計に関する業務を中心に、
法人の事業承継や個人の相続コンサルティングを担当。
2015年より経営企画室に所属し、クライアントのクラウド会計の導入やDXの推進などにも携わる。
2021年より現職。同年12月 辻・本郷 ITコンサルティング株式会社 取締役就任。



対象

■電子請求書の導入を考えている経理部門、経営企画部門、情報システム部門の方
■経理/財務部門で業務改善、業務効率化に取り組む経理部門責任者の方

内容

【視聴方法について】
【1】本オンラインセミナーはweb会議システム「Zoom」での視聴となります。
ZoomURL:https://zoom.us/jp-jp/meetings.html
※下記URLから接続テストを行うことができます。
https://zoom.us/test

【2】1営業日前に視聴URLをご案内いたしますので、メールが届かない場合は、ご連絡ください。

ヒューマンリソシア株式会社 RPA事務局
rpa-seminar-resocia@athuman.com

【お申込み注意事項】
※電子請求書の製品を取り扱っている企業様のご参加はお断りさせていただいております。
予めご了承ください。
※セミナーお申し込み時には、フォームの必要事項すべてに正しく記入をお願いいたします。
 (企業名は必ずご記入下さい。また、企業ドメインのメールアドレスをご記入下さい。)

主催 ヒューマンリソシア株式会社
費用 無料
備考 BtoBプラットフォーム 請求書